コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信敬 シンケイ

デジタル大辞泉の解説

しん‐けい【信敬】

[名](スル)信じて心から尊敬すること。しんきょう。
「我を―し、国事の為めには、死生を共にせんとぞ、誓い居たるに」〈竜渓経国美談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信敬 しんきょう

?-1132 平安時代後期の僧。
天台宗。比叡山(ひえいざん)首楞厳院(しゅりょうごんいん)で修行。足の骨をきりとって釈迦(しゃか)像をきざみ,手の皮をはいで弥陀(みだ)三尊像をつくるなど,みずからの身骨をもって仏に供養したという。天承2年6月死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんけい【信敬】

信じ敬うこと。しんきょう。 「是まで我を-し国事の為めには死生を共にせんと/経国美談 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

信敬の関連キーワード林述斎(はやしじゅつさい)ハーレム・ルネサンス寛政の三博士寛政異学の禁昌平坂学問所真敬入道親王織田純一郎ワシントン河内 桃子早矢仕有的柴野栗山根本義知上月専庵松崎慊堂佐藤一斎織田信民松平信任織田鶴姫谷 信近南部利敬

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

信敬の関連情報