信敬(読み)シンケイ

デジタル大辞泉の解説

しん‐けい【信敬】

[名](スル)信じて心から尊敬すること。しんきょう。
「我を―し、国事の為めには、死生を共にせんとぞ、誓い居たるに」〈竜渓経国美談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信敬 しんきょう

?-1132 平安時代後期の僧。
天台宗。比叡山(ひえいざん)首楞厳院(しゅりょうごんいん)で修行。足の骨をきりとって釈迦(しゃか)像をきざみ,手の皮をはいで弥陀(みだ)三尊像をつくるなど,みずからの身骨をもって仏に供養したという。天承2年6月死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しんけい【信敬】

信じ敬うこと。しんきょう。 「是まで我を-し国事の為めには死生を共にせんと/経国美談 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android