信用取引銘柄(読み)しんようとりひきめいがら

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

信用取引銘柄

信用取引ができる株式のこと。1998年12月から、従来の信用取引は「制度信用取引」に呼称が変わり、新たに「一般信用取引」が導入された。「制度信用取引」は、証券取引所の規則によって決済(弁済)の期限や品貸料の金額が決められ、決済までの期間は最長6カ月間。絶対期日までに決済をしなくてはいけない。一方の「一般信用取引」は、信用取引の一種で、決済(弁済)の期限及び逆日歩の金額などを、投資家と証券会社との間で自由に決定できる。このため、絶対期日を設定しない「無期限信用取引」など新たな取引手法が生まれた。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android