コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一般法 いっぱんほう

4件 の用語解説(一般法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一般法
いっぱんほう

特別法に対する法学上の概念。人,場所,事項その他の関係で効力範囲が限定されている特別法に対し,一般に適用される効力をもつ法。ただし,一般法と特別法の区別は相対的で,たとえば商法は民法に対して特別法であるが,手形法に対しては一般法である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

いっぱん‐ほう〔‐ハフ〕【一般法】

人、地域、事項について、特に制限なく適用される法律。憲法・民法刑法など。普通法。⇔特別法

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

いっぱんほう【一般法】

特別法に対して、人・事物・行為・地域などの適用の対象が相対的に広い法をいう。普通法。 ↔ 特別法

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一般法
いっぱんほう

同一の事象につき適用されうる法が複数ある場合、広く一般的に適用される法を一般法(あるいは普通法、原則法)という。これに対して、特定の人・場所・事項その他限られた場合にのみ適用される法を特別法という。古くから「特別法は一般法を破る」lex specialis derogat legi generali(ラテン語)という原則があり、特別法は一般法に優先して適用される。
 一般法と特別法の関係は、異なる法令の間だけではなく、同一の法令内部にも認められる。たとえば、民法が一般法であり、商法が特別法であるという場合は前者の例であり、民法における第167条1項の消滅時効と第169条以下の短期消滅時効とは一般法と特別法の関係にあるという場合が後者の例である。刑法の領域では、刑法は一般法であり、少年法や軽犯罪法は特別法にあたり、刑法内部でも、たとえば第252条の横領罪と第253条の業務上横領罪の関係がそれにあたる。[名和鐵郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

一般法の関連キーワード特別法別法特別立法特別法人特別法犯特別法犯少年戦時行政特別法戦時民事特別法特別法上の組合特別法優先の原理

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

一般法の関連情報