コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信証 シンショウ

3件 の用語解説(信証の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しん‐しょう【信証】

あかし。しるし。証拠。
「立法の権あることの―と為して」〈中村訳・西国立志編

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信証 しんしょう

1098-1142 平安時代後期の僧。
承徳(じょうとく)2年生まれ。後三条天皇の孫。輔仁(すけひと)親王の王子。真言宗。仁和(にんな)寺の寛助より灌頂(かんじょう)をうけ,一身阿闍梨(あじゃり)となる。西院に常住し,西院流をひらく。東寺長者,広隆寺別当,僧正,護持僧となり,保延(ほうえん)7年(1141)鳥羽(とば)上皇出家の戒師をつとめた。永治(えいじ)2年4月8日死去。45歳。通称は堀池僧正,三宮僧正。著作に「底瑟吒干栗多鈔」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんしょう【信証】

しるし。あかし。証拠。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

信証の関連情報