コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

信証 シンショウ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

信証 しんしょう

1098-1142 平安時代後期の僧。
承徳(じょうとく)2年生まれ。後三条天皇の孫。輔仁(すけひと)親王の王子。真言宗。仁和(にんな)寺の寛助より灌頂(かんじょう)をうけ,一身阿闍梨(あじゃり)となる。西院に常住し,西院流をひらく。東寺長者,広隆寺別当,僧正,護持僧となり,保延(ほうえん)7年(1141)鳥羽(とば)上皇出家の戒師をつとめた。永治(えいじ)2年4月8日死去。45歳。通称は堀池僧正,三宮僧正。著作に「底瑟吒干栗多鈔」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しんしょう【信証】

しるし。あかし。証拠。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

信証の関連キーワード京都府京都市下京区常葉町QSL カードQSLカード大無量寿経武内 義範梅原 真隆大須賀秀道正信念仏偈親鸞(僧)武内義範石田瑞麿東本願寺浄土真宗山本晃紹木辺孝慈金子大栄蓮如上人中井玄道教行信証西念寺

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android