コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

修文 シュウブン

大辞林 第三版の解説

しゅうぶん【修文】

( 名 ) スル
学問や芸術を学びおさめること。
礼儀・法度をととのえること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

修文の関連キーワード川俣 英夫殿閣大学士菊池虎太郎杉谷 代水都筑 馨六井深梶之助法苑珠林百科事典山村勉斎植村正久藩学一覧古谷道生上田秋成押川方義芸文類聚大田晴斎ブラウン大穂能一藤堂高猷土方雄興

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修文の関連情報