修繕積立金(読み)しゅうぜんつみたてきん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

分譲マンション共用部分の大規模修繕のために積立てるもの。ただし,現状では積立金が少額なため,大規模修繕のには一時分担金を徴収するのが一般的。また,明確な修繕計画を定めていないところも多く建物老朽化に対する制度の不備が目立つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

不動産用語辞典の解説

長期間にわたってマンション等を維持・保全していくために必要な修繕(外壁補修配管、共有部分の修繕など)を実施するため、管理費とは別会計で積み立てられるものを「修繕積立金」といいます。
分譲マンションなどの区分所有建物では、大規模な修繕に莫大な費用がかかるため、一度に多額の費用を徴収されることのないよう前もって毎月一定額を積み立てます。
積立金額は、マンションの分譲業者が分譲時に作成した「長期修繕計画」に基づいて算出したものになり、修繕の実施や積立金の運営・管理は管理組合(管理組合委託した場合は、その委託を受けた管理会社)が行います。

出典 不動産売買サイト【住友不動産販売】不動産用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

修繕積立金の関連情報