コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共益費 キョウエキヒ

5件 の用語解説(共益費の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

きょうえき‐ひ【共益費】

アパートなどの階段・廊下・外灯・ごみ処理などの共用部分の維持管理のために居住者が出す費用。管理費。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かんたん不動産用語解説の解説

共益費

共同住宅等における共用部分の維持運営に必要な経費のこと。廊下階段の照明灯や敷地内の街灯・共同水道等の電気代、浄化槽の清掃費などがこれにあてはまる。

出典|(株)ネクストコーポレーション
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

きょうえきひ【共益費】

(1)同一債務者に対する多数の債権者にとって利益となる費用で,共益費用ともいう。債務者の財産の保存,清算,分配に必要な費用がこれにあたる。たとえば,債務者がもつ債権の時効中断費用,債務者不在中の財産管理費用,債務者死亡による遺産整理費用,債務者の財産に対する強制執行費用等である。これらの費用を支出した債権者は,他の債権者に優先して債務者の一般財産から弁済をうけられる(民法306条1号,307条等)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

きょうえきひ【共益費】

共同住宅などで、居住者がともに利益を受けている外灯・エレベーターなど共用部分の維持・管理のために支出する費用。
〘法〙 同一の債務者についてすべての債権者に共通する利益のために費やした費用。債務者の財産の保存費、強制執行の費用など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共益費
きょうえきひ

法律上、同一の債務者に対する多数の債権者のうちある者が、総債権者の共同の利益のために費した費用をいう(民法307条)。たとえば、債権者の債務について時効を中断し、財産内容を明確にするために財産目録を調整し、あるいは強制執行をする場合の費用がこれにあたる。債権者の1人が共益費を支出した場合、その支出によって他の債権者も利益を受けるから、一般の先取(さきどり)特権によって優先弁済を受けることができる(同法306条)。[淡路剛久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

共益費の関連キーワード債権者代位権債務共同執行充当相続債権者第三債務者転付保証債務共同差押え保証証券

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

共益費の関連情報