コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

共益費 キョウエキヒ

世界大百科事典 第2版の解説

きょうえきひ【共益費】

(1)同一債務者に対する多数の債権者にとって利益となる費用で,共益費用ともいう。債務者の財産の保存,清算,分配に必要な費用がこれにあたる。たとえば,債務者がもつ債権の時効中断費用,債務者不在中の財産管理費用,債務者死亡による遺産整理費用,債務者の財産に対する強制執行費用等である。これらの費用を支出した債権者は,他の債権者に優先して債務者の一般財産から弁済をうけられる(民法306条1号,307条等)。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

きょうえきひ【共益費】

共同住宅などで、居住者がともに利益を受けている外灯・エレベーターなど共用部分の維持・管理のために支出する費用。
〘法〙 同一の債務者についてすべての債権者に共通する利益のために費やした費用。債務者の財産の保存費、強制執行の費用など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

共益費
きょうえきひ

法律上、同一の債務者に対する多数の債権者のうちある者が、総債権者の共同の利益のために費した費用をいう(民法307条)。たとえば、債権者の債務について時効を中断し、財産内容を明確にするために財産目録を調整し、あるいは強制執行をする場合の費用がこれにあたる。債権者の1人が共益費を支出した場合、その支出によって他の債権者も利益を受けるから、一般の先取(さきどり)特権によって優先弁済を受けることができる(同法306条)。[淡路剛久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

共益費の関連キーワード民間賃貸住宅の借り上げ制度エレベーター修繕積立金淡路剛久アパート

共益費の関連情報