コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉場富三郎 くらばとみさぶろう

3件 の用語解説(倉場富三郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倉場富三郎
くらばとみさぶろう

[生]明治3(1870).長崎
[没]1945
日本近代トロール漁業の導入者。英名はトム・グラバー。父は幕末長崎で活躍したイギリスの商人 T.B.グラバー,母は蝶々夫人モデルといわれたツル女。 1908年イギリスから日本初の鋼製トロール漁船を輸入,『深紅丸』と命名してトロール漁業を開始。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉場富三郎 くらば-とみさぶろう

1871*-1945 明治-昭和時代前期の実業家。
明治3年12月8日長崎生まれ。T.B.グラバーの次男。明治40年長崎汽船漁業を設立し,汽船トロール業をおこす。萩原魚仙らに依頼して描写させた魚類図鑑「グラバー図譜」はたかく評価されている。昭和20年8月26日死去。76歳。旧名はトマス=アルバート=グラバー(Thomas Albert Glover)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

倉場富三郎

没年:昭和20(1945)
生年:明治3(1870)
わが国の汽船トロール漁業の創始者。長崎市生まれ。父は英国人貿易商グラヴァー。明治41(1908)年に小型鋼製トロール船深江丸(169トン)を英国より購入し,英国人3人を雇い入れ,五島沖で操業,トロール漁業時代を開く。同43年結成の日本トロール水産組合の初代組合長に就任。学術的功績として大正期に長崎魚市場水揚げの魚類を画家に写生させ,それに学名,地方名を付与した資料,『日本西部及南部魚類図譜』を作成。<参考文献>岡本信男『水産人物百年史』,下瀬隆治編『グラバー二代』

(伊藤康宏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倉場富三郎の関連キーワードトロール漁業トロール船八幡浜トロール網創始者の原理日本水産[株]奥田亀造国司浩助リンガートロール漁船

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

倉場富三郎の関連情報