コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倉場富三郎 くらばとみさぶろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倉場富三郎
くらばとみさぶろう

[生]明治3(1870).長崎
[没]1945
日本近代トロール漁業の導入者。英名はトム・グラバー。父は幕末長崎で活躍したイギリスの商人 T.B.グラバー,母は蝶々夫人のモデルといわれたツル女。 1908年イギリスから日本初の鋼製トロール漁船を輸入,『深紅丸』と命名してトロール漁業を開始。汽船漁業会社を設立し,10年にできた日本トロール組合の初代組合長になった。晩年は不遇のうちに,第2次世界大戦直後に自殺したと伝えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

倉場富三郎 くらば-とみさぶろう

1871*-1945 明治-昭和時代前期の実業家。
明治3年12月8日長崎生まれ。T.B.グラバーの次男。明治40年長崎汽船漁業を設立し,汽船トロール業をおこす。萩原魚仙らに依頼して描写させた魚類図鑑「グラバー図譜」はたかく評価されている。昭和20年8月26日死去。76歳。旧名はトマス=アルバート=グラバー(Thomas Albert Glover)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

倉場富三郎

没年:昭和20(1945)
生年:明治3(1870)
わが国の汽船トロール漁業の創始者。長崎市生まれ。父は英国人貿易商グラヴァー。明治41(1908)年に小型鋼製トロール船深江丸(169トン)を英国より購入し,英国人3人を雇い入れ,五島沖で操業,トロール漁業時代を開く。同43年結成の日本トロール水産組合の初代組合長に就任。学術的功績として大正期に長崎魚市場水揚げの魚類を画家に写生させ,それに学名,地方名を付与した資料,『日本西部及南部魚類図譜』を作成。<参考文献>岡本信男『水産人物百年史』,下瀬隆治編『グラバー二代』

(伊藤康宏)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

倉場富三郎の関連キーワードホーム・リンガー商会リンガー英名商人

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android