倚門の望(読み)イモンノボウ

  • =情(じょう)
  • ×倚門の望
  • いもん
  • いもんのぼう〔バウ〕
  • の=望(ぼう)
  • 倚門

大辞林 第三版の解説

戦国策 斉策
門によりかかって遠くを見ること。子の帰るのを待ちわびる母の情をいう。倚閭いりよの望。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

(中国、戦国時代、斉の閔王(びんおう)の所在が不明になったとき、王孫賈にその母が戒めて言ったことば「女朝出而晩来、則吾倚門而望。女暮出而不還、則吾倚閭而望。女今事王、出走、女不其処。女尚何帰」(「戦国策‐斉下」)による語) 家の門に寄り掛かって帰りを待ち望むこと。外出した子の帰りを待ちわびる母の情をいう。倚閭(いりょ)の望。
※遠思楼詩鈔(1837‐49)初・上・桂林荘雑咏示諸生「遙思白髪倚門情、宦学三年業未成」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

故事成語を知る辞典の解説

母親が、外出した子どもの帰りを待ちわびること。子どもを心配する母親の気持ちのたとえ。

[使用例] 三蔵は行李もたれて、古ぼけた障子を眺めて、国をずる時門にって自分を見送った老母の白髪を思い浮かべる[高浜虚子*俳諧師|1908]

[由来] 「戦国策せい策」に出て来るエピソードから。紀元前三世紀、戦国時代の中国で、斉という国の王が内乱のために行方不明になってしまったことがありました。このとき、王に仕えていたおうそんが自宅に帰ったところ、母にこんなことを言われます。「おまえが朝でかけて夜まで帰って来ないと、『吾、門に倚りて望む(私は家の門に寄り掛かって、帰りを待ち望むよ)』」。母親はそれほど子どものことを心配するものなのに、「おまえは王の行方がわからないまま、家に帰ってきてよいのかい」。そう諭された王孫賈は、必死になって王を探し、ついに反乱を起こして王を殺した犯人を見つけ出し、刺し殺した、ということです。

〔異形〕門に倚りて望むりょの望。

出典 故事成語を知る辞典故事成語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android