コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭文部 しとりべ

1件 の用語解説(倭文部の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

しとりべ【倭文部】

委文部とも書く。〈しつおりべ〉の約で,大化前代の織成に従った職業部の一つ。倭文(しつ)は栲(たく),麻,苧(からむし)などの緯(よこいと)を青,赤などに染め,乱れ文様を織り出したとされる日本古来の織物で,大陸伝来の綾に対し〈倭文〉と表記された。初見は《日本書紀》垂仁39年条で,五十瓊敷皇子(いにしきのみこ)が賜った10個の品部の内に倭文部が見える。分布はひろく畿内,東海,東山,北陸,山陰,山陽,南海の諸道にわたっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

倭文部の関連キーワード本居みの織部織部司織部本室温論弁設いネオリベラリズム神尾織部牧野織部

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone