コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倭文部 しとりべ

世界大百科事典 第2版の解説

しとりべ【倭文部】

委文部とも書く。〈しつおりべ〉の約で,大化前代の織成に従った職業部の一つ。倭文(しつ)は栲(たく),麻,苧(からむし)などの緯(よこいと)を青,赤などに染め,乱れ文様を織り出したとされる日本古来の織物で,大陸伝来の綾に対し〈倭文〉と表記された。初見は《日本書紀》垂仁39年条で,五十瓊敷皇子(いにしきのみこ)が賜った10個の品部の内に倭文部が見える。分布はひろく畿内,東海,東山,北陸,山陰,山陽,南海の諸道にわたっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

倭文部の関連キーワード久米[町]倭文神社倭文布服部

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android