コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織成 しょくせい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

織成
しょくせい

文様織物の一種。平織組織の地に,文様をつくるために必要な部分だけに太い色緯 (いろぬき) を織込んだもの。色緯一越ごとに地緯一越が入っているため,綴織 (つづれおり) より組織が緻密で,奈良時代に盛行した。現在では特定の高級帯地などにみられるだけとなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

織成の関連キーワードダグラス・M. マクレガー京都府京都市上京区大黒町ヴィトリナートリプタイトヴィトリナーチナイトヴィトロクラライト日本メソジスト教会クラロヴィトライトカーブアンケライトフゾヴィトライトヴィトロフジットクラロデュライトデュロクラライトスクレロチナイトクラロコライトクラロテライト當麻曼荼羅縁起フゾクラライト球状パーライトカーブ粘土質岩クラロフジット

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

織成の関連情報