傍焼(読み)オカヤキ

デジタル大辞泉「傍焼」の解説

おか‐やき〔をか‐〕【傍焼(き)/岡焼(き)】

[名](スル)《「傍焼きもち」ので、はた焼き餅を焼くことのから》自分とは直接関係がないのに、他人の仲がいいのをねたむこと。「―半分にひやかす」
[類語]嫉妬羨ましいねたましい焼き餅ジェラシー悋気法界悋気妬心羨む羨望ねたむそねむやっかむ焼く焼ける

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android