コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼ける ヤケル

デジタル大辞泉の解説

や・ける【焼ける】

[動カ下一][文]や・く[カ下二]
火がついて燃える。燃えてあとかたもなくなる。「古タイヤの―・けるにおい」「家が―・ける」
火が通って食べられるようになる。「サンマが―・ける」「餅が―・ける」
熱せられて熱くなる。「―・けたトタン屋根」「土が―・けて農作物がとれない」 夏》
木炭や陶磁器など、製品ができ上がる。「炭が―・ける」「パンが―・ける」
日光や紫外線に当たって皮膚が黒くなる。「赤銅(しゃくどう)色に―・けた肌」
日光や薬品のために変色する。あせる。「西日でカーテンが―・ける」
日光を受けて空や雲が赤く染まる。「真っ赤に―・けた西の空」
(「胸がやける」などの形で)食物が胃にたまったりして胸の中が熱く感じる。「食べすぎて胸が―・ける」
(「妬ける」とも書く)ねたましく感じる。「はたが―・けるほど仲がいい」
10 (「世話がやける」「手がやける」などの形で)手がかかる。やっかいである。「ほとほと世話が―・ける」「手の―・ける子」
11 深く恋い慕う。思い乱れる。
「焼く塩の思ひそ―・くる我が下心」〈・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

焼けるの関連キーワード神崎煉瓦ホフマン式輪窯焼き上がる・焼き上るショウノウ(樟脳)パンツェッタ貴久子核融合科学研究所神経障害性疼痛水苛性変成作用世話が焼けるアクロレイン耳介軟骨膜炎手が焼ける烏有に帰すトースター仮想CD抵当保険じりじりじいじい魚焼き器クミン燃える

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼けるの関連情報