コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

焼く やく

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

焼く

CD-R/RWDVD-R/RWなどにデータを書き込むことをいう。レーザー光で熱して、記録層の性質を変化させていることからこのように呼ばれる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

焼く

CDやDVDにデータを書き込むことを指す俗語です。これらのディスクは、情報を書き込んだ後、レーザー光線の熱で温かくなります。そのため、「焼く」というようになりました。

出典|(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について | 情報

デジタル大辞泉の解説

や・く【焼く】

[動カ五(四)]
火をつけて燃やす。また、燃やしてなくす。焼失する。「枯れ草を―・く」「失火で家を―・く」
火に当てて熱を通し、食べられるようにする。「魚を―・く」
火で熱して製品などをつくる。「瓦を―・く」「炭を―・く」「クッキーを―・く」
日光などに当てて変色させる。「肌を小麦色に―・く」
写真の原板から陽画をつくる。「サービス判で―・く」

㋐患部に薬品を塗ったり、放射線を当てたりする。「扁桃腺(へんとうせん)を―・く」
㋑薬品で皮膚の組織などを損なう。「酸で手のひらを―・く」
㋒やけどをさせる。「スープで舌を―・く」
悩んで苦しい思いをする。「恋に身を―・く」
あれこれ気を使う。扱いなどで悩む。「世話を―・く」「手を―・く」
(「妬く」とも書く)嫉妬(しっと)する。「上の娘と仲良くすると下の娘が―・く」
10 CD・DVD・ブルーレイディスクなどに、音声・文書・画像などのデータを記録する。書き込む。
11 (江戸前期、上方の遊里で)うれしがらせを言う。おだてる。
「この道に身をなし、人をよく―・くとて」〈浮・一代女・五〉
[可能]やける
[動カ下二]やける」の文語形。
[下接句]肝(きも)を焼く・薫(くん)は香(こう)を以(もっ)て自(みずか)ら焼く世話を焼く手を焼く鍋尻(なべじり)を焼く一口物(ひとくちもの)に頰(ほお)を焼く焼き餅(もち)焼くとて手を焼くな

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

やく【焼く】

CDDVDなどの光ディスクにデータを記録する。

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

焼くの関連キーワード堅焼き・固焼き・堅焼・固焼おせせの蒲焼きパウンドケーキホットプレート手焼き・手焼焼き網・焼網焼き串・焼串御狩り場焼きピザオーブンタルトレット焼き場・焼場瓦焼き・瓦焼蒸かしパン板付き蒲鉾直焼きパントースト直火焼き照り焼き炭焼き窯こんがり

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

焼くの関連情報