コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妬む/嫉む ネタム

デジタル大辞泉の解説

ねた・む【妬む/嫉む】

[動マ五(四)]
他人が自分よりすぐれている状態をうらやましく思って憎む。ねたましく思う。そねむ。「同僚の昇進を―・む」
男女間のことで嫉妬(しっと)する。やきもちをやく。
「妻―・める気色もなくて過ごしけり」〈十訓抄・八〉
腹を立てる。恨み嘆く。
「いと憂しと思へど、さらに言ひも―・まず」〈大和・一五八〉
[用法]ねたむ・そねむ――「先に昇進した同期生をねたむ(そねむ)」など、うらやみ憎む意では相通じて用いられる。◇「順調な出世をそねみ、ねたまれる」のように重ねて使われることもある。また、「そねむ」の方が「ねたむ」に比べて、憎みうらむ気持ちが強い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

妬む/嫉むの関連キーワードウィルソンの「十四か条」十七条憲法淳仁天皇清田儋叟気色用法

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android