可笑しい(読み)オカシイ

デジタル大辞泉「可笑しい」の解説

おかし・い〔をかしい〕

[形][文]をか・し[シク]
(「可笑しい」と当てても書く)普通とは違うところがあって笑いたくなるさま。
㋐珍妙な言動・状況などがおもしろくて、思わず笑いたくなる。こっけいである。「この漫画は実に—・い」
㋑どこか不釣り合いで、嘲笑ちょうしょうしたくなる。ばかばかしい。「彼が代表だなんて—・くって」
普通とようすが違うのに気づいて疑わしく思うさま。
㋐普通ではないところが感じられる。変である。変わっている。「どうもからだの調子が—・い」
㋑言動や状況が不審である。いぶかしい。怪しい。「なんとなくそぶりの—・い男」
普通とは違った格別の趣のあるさま。
㋐興味をそそられる。
「—・しき事にもあるかな…興ある事申したり」〈竹取
㋑景色などが興趣がある。風情がある。
夕月夜の—・しきほどに出だし立てさせひて」〈・桐壺〉
㋒かわいらしい。
「うへにさぶらふ御猫は…いみじう—・しければ」〈・九〉
㋓美しい。魅力がある。また、りっぱである。
「—・しの御髪みぐしや」〈・若紫〉
「身貧しけれど、よき人は、方異かたことみさをに、—・しうぞある」〈落窪・四〉
㋔じょうずである。
「琴いと—・しうなつかしう弾き臥し給へり」〈落窪・一〉
面白おもしろ[用法]
[派生]おかしがる[動ラ五]おかしげ[形動]おかしさ[名]おかしみ[名]
[類語](1おもしろい滑稽こっけい傑作笑止しょうし剽軽ひょうきん喜劇的ユーモラスコミカル動詞での表現)笑える笑わせる/(2へん異常みょう奇異不自然不可解不思議不審いぶかしいせないに落ちない不可思議奇妙面妖めんようなぞかい奇怪幻怪怪奇怪異神秘霊妙霊異玄妙あやかしミステリーミステリアス奇天烈摩訶不思議けったい異様奇態風変わり特異異状異例非常別条変ちくりん変てこ変てこりん妙ちきりんおかしな珍奇新奇珍妙奇抜奇警奇想天外突飛ファンシー突拍子もない言語道断無茶めちゃむちゃくちゃめちゃくちゃめちゃめちゃ滅法法外無理乱暴無体理不尽非理不当不条理不合理非合理狂的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android