コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

備前車塚古墳 びぜんくるまづかこふん

3件 の用語解説(備前車塚古墳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

備前車塚古墳
びぜんくるまづかこふん

岡山市の東方,四ノ御神 (しのごぜ) と湯迫 (ゆば) の境界の尾根頂端に位置する前方後方墳。全長 48.3m,後方部幅 23~24.5m,高さ 3.8m,前方部くびれ部幅 10.5m,前面幅 22m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

備前車塚古墳【びぜんくるまづかこふん】

岡山市にある4世紀初めの古墳。全長48m。撥(ばち)状に開く前方部をもつ初現期の前方後円墳。後円部の竪穴式石室から13面の鏡が出土した。うち11面が三角縁神獣鏡で,椿井大塚山古墳をはじめ,主な前期古墳と同氾(どうはん)関係にある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

備前車塚古墳
びぜんくるまづかこふん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

備前車塚古墳の関連キーワード応神陵古墳と履中陵古墳栃木県小山市中里愛知県犬山市犬山滋賀県野洲市冨波乙大阪府藤井寺市古室大阪府羽曳野市西浦大阪府藤井寺市野中和歌山県和歌山市大谷岡山県岡山市北区新庄下大分県大分市里

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone