コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

傲岸 ゴウガン

デジタル大辞泉の解説

ごう‐がん〔ガウ‐〕【傲岸】

[名・形動]おごり高ぶって、いばっていること。また、そのさま。「傲岸な態度をとる」「傲岸不遜」
[派生]ごうがんさ[名]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごうがん【傲岸】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
〔「岸」は切り立っている意〕
おごりたかぶっていて、へりくだるところのない・こと(さま)。 「 -な態度」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

傲岸の関連キーワード傲・剛・劫・号・合・囂・壕・強・拷・業・毫・濠・號・豪・轟・郷丸・元・含・岩・岸・巌・玩・癌・眼・翫・贋・雁・頑・顔・願花柳 寿輔(初代)スフラワルディーヘラクレイトス小野恒柯畑中太冲加藤高明キンダー傲慢無礼傲岸無礼傲岸不遜李方膺居常岸駒実悪派生

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

傲岸の関連情報