僧伽梨(読み)そうぎゃり(英語表記)saṃghāṭī

大辞林 第三版の解説

そうかり【僧伽梨】

samghātī の音訳〕
僧の着る三種の袈裟けさの中で最も大きな袈裟。参内さんだいのときなどに用いる。大衣。そうぎゃり。僧竭胝そうがてい。そうかりえ。

そうぎゃり【僧伽梨】

そうかり(僧伽梨)」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そうかり【僧伽梨】

伊勢大輔集(11C中)「西の方猶たのむかなそうかりの衣を縫へる糸にひかれて」

そうぎゃり【僧伽梨】

〘名〙 (saṃghāṭi の音訳。大衣と訳す) 僧の着る三衣(さんえ)の一つ。三衣の中で最も大きく、九条ないし二五条の袈裟(けさ)。王宮聚落に入るとき着する。大衣。僧伽梨衣。そうかり。〔十巻本和名抄(934頃)〕
※雑談集(1305)三「仏麁布の僧伽梨(ギャリ)の十三条を著し給へり」 〔行事鈔‐下・一〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の僧伽梨の言及

【袈裟】より

…インドの仏教僧団で,不用になったり,捨てられた長短の布片を縫い合わせて,僧尼の着用すべきものとして制定された3種類の衣(三衣(さんえ))を袈裟と称した(図)。すなわち僧伽梨(そうぎやり),鬱多羅僧(うつたらそう)と安陀会(あんだえ)の三つである。僧伽梨は大衣,重衣ともいわれ正装衣に,鬱多羅僧は上衣として礼仏や説法の聴聞に着用し,安陀会は内衣と称して日常の作業や肌着用に用いられた。…

【三衣一鉢】より

…鬱多羅僧(うつたらそう)),そして時にさらにその上に着るサンガーティsaṃghāṭi(重衣。僧伽梨(そうぎやり))のことで,これらはいずれも形や大きさ,色,縫製法,着用法などが定められていた。三衣を総称して〈袈裟(けさ)〉ともいうが,これはその色にちなんだ名称である。…

※「僧伽梨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報