コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三衣(読み)サンエ

デジタル大辞泉の解説

さん‐え【三衣】

連声(れんじょう)で「さんね」とも》僧が着る3種の袈裟(けさ)僧伽梨(そうぎゃり)大衣(だいえ)・九条)・鬱多羅僧(うったらそう)上衣七条)・安陀会(あんだえ)中衣・五条)。また、一般に法衣(ほうえ)

さん‐ね〔‐エ〕【三衣】

さんえ」の連声(れんじょう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんえ【三衣】

〔「さんね」とも〕
僧尼の着る僧伽梨そうぎやり(大衣・九条衣)・鬱多羅僧うつたらそう(上衣・七条衣)・安陀会あんだえ(中衣・五条衣)の3種の衣。袈裟けさ

さんね【三衣】

「さんえ(三衣)」の連声。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三衣
さんえ

インドの比丘(びく)が身につけた3種の衣服。「さんね」ともいう。僧伽梨衣(そうぎゃりえ)(九条から二十五条までの布で製した袈裟(けさ)。大衣)、鬱多羅僧衣(うったらそうえ)(七条の袈裟。上衣)、安陀会(あんだえ)(五条の袈裟。下衣)のことをいう。[川口高風]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三衣の言及

【袈裟】より

…もともとは色名で,壊色(えしき),濁色(じよくしよく)などと訳される。インドの仏教僧団で,不用になったり,捨てられた長短の布片を縫い合わせて,僧尼の着用すべきものとして制定された3種類の衣(三衣(さんえ))を袈裟と称した(図)。すなわち僧伽梨(そうぎやり),鬱多羅僧(うつたらそう)と安陀会(あんだえ)の三つである。…

【三衣一鉢】より

…〈さんねいっぱつ〉などともいう。三衣とは,一番下に身に着けるアンタルバーサantarvāsa(下衣。安陀会(あんだえ)と音写される),その上に着るウッタラーサンガuttarāsaṅga(大衣。…

【僧】より

…僧が葬儀に際し読経して死者の冥福を祈ることは日本の場合と同じであるが,上座部仏教国においては,家屋の新築,結婚式などの祝儀に際しても,施主の功徳行のひとつとして僧侶を招いて食事を供養し,パリッタの読誦を行うことが多い。僧は定期的に剃髪し,三衣と呼ばれる黄色の衣をまとい,寺院に起居する。上座部仏教の僧は,たとえ一時的であっても,黄衣を脱いで一般人の服装をすることは許されない。…

※「三衣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

三衣の関連情報