僻処(読み)へきしょ

精選版 日本国語大辞典「僻処」の解説

へき‐しょ【僻処】

〘名〙
① (━する) へんぴな所。僻地。また、僻地に住むこと。
※黄葉夕陽邨舎詩‐遺稿(1832)三・病中雑詩「病躯従懶出、僻処与誰儔」 〔史記‐張儀伝〕
② かたよった点。ひねくれたところ。
※最暗黒之東京(1893)〈松原岩五郎〉六「人情の僻処(ヘキショ)、曲処、痛所、癢所」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android