コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

充真院 じゅうしんいん

2件 の用語解説(充真院の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

充真院 じゅうしんいん

1800-1880 江戸後期-明治時代,内藤政順(まさより)の妻。
寛政12年閏(うるう)4月13日生まれ。井伊直中の娘。井伊直弼(なおすけ)の姉。日向(ひゅうが)(宮崎県)延岡(のべおか)藩主内藤政順と結婚。天保(てんぽう)5年夫と死別。和歌,絵画,遊芸にすぐれ,日向と江戸を往復したときの旅日記「五十三次ねむりの合の手」「海陸返り咲こと葉の手拍子」をのこす。明治13年10月24日死去。81歳。名は充(みつ),繁子。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

充真院

没年:明治13.10.24(1880)
生年:寛政12(1800)
幕末期,彦根藩主井伊直中の娘。江戸生まれ。大老井伊直弼の異母姉。名は充。文芸,絵画,遊芸に堪能であった。日向延岡藩主内藤政順と結婚。子がなく,直弼の弟政義を養子にむかえる。34歳で夫に死別,髪をおろして充真院と称した。文久2(1862)年,諸大名妻子帰国許可令により,63歳で初めて延岡へ下る。2年後江戸へ帰るが,その往復の旅を『五十三次ねむりの合の手』『海陸返り咲こと葉の手拍子』(明治大学図書館蔵)という芸能に堪能な充真院らしいユーモラスな題名の道中日記2巻に記した。道中の風景や延岡での生活を絵入りで描写している。他に源氏物語評釈書,養蚕や日用の実用的な事柄を書き留めた見聞録,法話集などの著書がある。旅日記から,三味線を弾き端唄や替え唄を作り,侍女をつれて茶屋遊びもする豪快な大名夫人の姿が窺える。<参考文献>甲斐勇『下手の手佐和利』(私家版)

(柴桂子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

充真院の関連キーワード紙幣整理インド哲学ブラウンオランダ文学定率減税水俣病第1次訴訟辛酉教獄正祖勢道政治ドルトン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone