コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

評価療養 ヒョウカリョウヨウ

デジタル大辞泉の解説

ひょうか‐りょうよう〔ヒヤウカレウヤウ〕【評価療養】

医療サービスの中で、保険給付の対象とすべきものであるか否かについて適正な医療の効率的な提供を図る観点から評価を行うことが必要なものとして厚生労働大臣が定めたもの。国民の選択肢を拡げ、利便性を向上するために設けた、保険診療と保険外診療の併用を認める保険外併用療養費制度に基づくもの。平成18年(2006)改正健康保険法で規定された。
[補説]評価療養の種類
先進医療(高度医療を含む)
・医薬品の治験に係る診療
・医療機器の治験に係る診療
・薬事法承認後で保険収載前の医薬品の使用
・薬事法承認後で保険収載前の医療機器の使用
・適応外の医薬品の使用
・適応外の医療機器の使用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

評価療養の関連キーワード患者申出療養制度国民健康保険国民医療費混合診療自由診療医薬品

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

評価療養の関連情報