コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粒子線治療 りゅうしせんちりょう

百科事典マイペディアの解説

粒子線治療【りゅうしせんちりょう】

電子よりも重い粒子である陽子π中間子,重粒子などを用いた放射線治療のこと。 X線γ線は身体の表面に近いほど強く,奥に入るほど弱くなる性質がある。これに対して,陽子線は奥に入るほど強く,エネルギーを放った後で弱くなり,重粒子線はさらに特定の場所で最大の線量を示す特徴がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

粒子線治療

水素の原子核(陽子)を利用する陽子線治療と、炭素を利用する重粒子線治療がある。X線を使う一般的な放射線治療と比べ、がん細胞にピンポイントで照射できるとされる。費用は300万円前後で現在は全額自己負担。この治療に伴う検査費や入院費などは保険が使える「先進医療」に指定されている。国内で実施しているのは昨年12月1日時点で陽子線が10施設、重粒子線は4施設。年に計約5千人が受けている。

(2016-01-15 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

りゅうしせん‐ちりょう〔リフシセンチレウ〕【粒子線治療】

粒子線(がん)の病巣に狙いを定めて照射する治療法。陽子を用いる陽子線治療や、水素より重い炭素などのイオンを用いる重粒子線癌治療などがある。X線やガンマ線に比べ体内の深部に到達し、停止する直前にエネルギーを放出する性質があるため、病巣の周りの正常な組織への副作用を抑えることができる。粒子線癌治療

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粒子線治療
りゅうしせんちりょう

放射線療法の一つ。細胞致死作用が大きい重粒子線または陽子線などの粒子放射線のビームを、病巣に集中的に照射する治療法。
 放射線はX線、γ(ガンマ)線等の電磁波放射線とα(アルファ)線、β(ベータ)線、電子線、陽子線等の粒子線に区分される。また、粒子線は大別して低LET(Linear Energy Transfer)粒子線と高LET粒子線に区分される。
 粒子線を用いた放射線治療の最初はベータトロンで発生させた電子線治療である。電子線やサイクロトロンで発生させる陽子線は確かにX線より線量分布において利点があり、また物理的にはLETも少々高いが、生物効果(RBE:relative biological effectiveness)としてはX線を用いた場合とほとんど同じであることから低LET放射線とよばれる。しかし、ブラッグピーク(線量ピーク)を有する陽子線は線量分布においてきわめて利点がある。線量のフラットな部分とピークの部分との比が大きいので、放射線の通過路に障害を与えることなく治療したい深部に十分な線量を与えることができる。1954年にはアメリカのカルフォルニア大学バークリー研究所で初の臨床応用が開始され、約30例の深部治療が行われた。その他スウェーデンのウプサラや千葉県の放射線医学総合研究所(放医研)等でも行われたが、陽子線のエネルギーが低く、目のメラノーマ(悪性黒色腫)の治療が主であった。1961年にはハーバード大学で医療用の200MeV(メガ電子ボルト)サイクロトロンをつくり本格的に5000例近い治療を行った。陽子線治療はその使い安さや建設費等の経済性から治療施設は日本をはじめ世界中で増加しつつある。
 生物効果の高い放射線には中性子線、α線(ヘリウム核線)、アルゴン線、ネオン線等がある。中性子線(「中性子捕獲療法」の項目を参照)は生物効果は高いが、線量分布においてはX線と同じく漸減し利点がない。ヘリウム核線等はブラッグピークがあり、深部でエネルギーを放出するので線量分布に利点がある。ブラッグピークがあり生物効果にも利点がある放射線は、一般に重い粒子の放射線であるから重粒子線とよばれる。負のπ(パイ)中間子線もLETは高くブラッグピークもある。その意味では重粒子線の一つであるが重くはない。陽子線より軽い粒子線である。よって、ヘリウムより重い粒子線は、負のπ中間子線に対して重粒子線とよばれることもある。
 1975年からカルフォルニア大学バークリー研究所でサイクロトロンを用いた高エネルギーヘリウム核線で深部治療が行われた。2000例以上の治療を行い重粒子線治療の実績を出した。これに少し先だち1974年にアメリカのニュー・メキシコ州ロス・アラモスの山中にπ中間子放射線の治療施設がつくられ治療を開始し、7年間で230例の治療を行い実績を出した。π中間子治療はカナダのバンクーバーやスイスのフィリゲンでも多くの症例が治療され実績を出した。
 日本ではπ中間子線治療か重粒子線治療かの議論がかなり長く行われたが、重粒子線治療が選択され、千葉県の放射線医学総合研究所に大規模な治療施設HIMAC(ハイマック)(Heavy Ion Medical Accelerator in Chiba、重粒子線がん治療装置)が建設された(1993年完成、1994年より臨床試験開始)。HIMACには、大きなシンクロトロンを中心に前段階加速のためRFQ(Radio Frequency Quadrupole)型とアルバレ型という2段の線形加速器(リニア・アクセレレーター)が設置され、ここからシンクロトロンにイオンが注入される。高エネルギーとなったイオン放射線は照射系に注入される。照射系は物理、汎用(はんよう)照射系、二次ビーム照射系、生物照射系、治療照射系がある。治療照射系には垂直ビーム治療室、垂直水平ビーム治療室、水平ビーム治療室の3治療室がある。シンクロトロンの加速リングにも特徴があり、上下2段の加速リングがあり線量効率を上げるようになっている。この施設はヘリウム核より重い原子核の放射線を用いることを目的としていて、カーボン(炭素)核放射線やアルゴン核照射線を用いてより効果的な治療の研究が行われている。カーボンやシリコン、アルゴン等の原子核放射線はヘリウムに比してLETが高く生物効果もより高い。しかし、ブラッグピークの高さすなわちピークプラトー比はしだいに低くなり、線量分布としてはヘリウムのほうが有利である。よって、いかなる癌(がん)にどの放射線が適切かの研究も行われている。
 一般に放射線感受性の良い腫瘍(しゅよう)や、深部に存在する腫瘍、重要臓器の近くに存在する腫瘍には陽子線やヘリウム線が適切で、放射線感受性の悪い腫瘍、肉腫等には重い重粒子線が有利である。現在、放射線医学総合研究所で行っている重粒子線治療の適応となっている症例はX線治療に感受性の低い脳腫瘍、肺癌、肝癌、膵臓(すいぞう)癌、子宮癌、直腸癌(術後)、前立腺(せん)癌、骨・軟部腫瘍、食道腫瘍、またX線治療では適切な線量分布が得られない頭頸(とうけい)部腫瘍、眼球腫瘍、涙腺癌等である。現在兵庫県立粒子線治療センターでもカーボン核放射線を用いて治療を行っている。2009年(平成21)には群馬大学重粒子線医学研究センターにも治療施設が建設される(2009年度中に臨床試験開始予定)。[赤沼篤夫]
『辻井博彦著『重粒子線治療の基礎と臨床――21世紀のがん治療』(2000・医療科学社) ▽放射線医学総合研究所編、高橋千太郎・辻井博彦・米倉義晴著『知っていますか?医療と放射線――放射線の基礎から最先端の重粒子線治療まで』(2007・丸善)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

粒子線治療の関連キーワードサイクロトロン治療装置加速器(原子物理)重粒子線がん治療高度先進医療ブラッグ曲線がん治療バリオン中間子脳外科素粒子

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粒子線治療の関連情報