光触寺(読み)コウソクジ

大辞林 第三版の解説

こうそくじ【光触寺】

鎌倉市十二所にある時宗の寺。山号、岩蔵山。一遍上人の開山という。本尊の弥陀三尊は俗に頰焼阿弥陀といわれ、運慶の作と伝える。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android