コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入(り)込む イリコム

デジタル大辞泉の解説

いり‐こ・む【入(り)込む】

[動マ五(四)]
無理に押し分けてはいる。また、ひそかに紛れこむ。はいりこむ。「敵陣に―・む」
すっかり中にはいる。また、1か所に多くのものがはいって混雑する。「客が―・んでいる」
物事の状態が複雑になる。こみいる。いりくむ。「―・んだ事情

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

入(り)込むの関連キーワードシンホワ(興化)湾タンジュンカラングジャラート州旧白金御料地アラビア海マスバテ島サンダカンサラミス島我と汝敵陣

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android