コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全唐詩逸 ぜんとうしいつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全唐詩逸
ぜんとうしいつ

江戸時代の唐詩集。市河寛斎編。3巻。文化1 (1804) 年刊。中国の『全唐詩』の補逸書。『全唐詩』が唐代の詩すべてを収めたとするのに対し,『千載佳句』『文鏡秘府論』など,日本にのみ存在する資料から『全唐詩』にない詩 72,句 279を集めたもの。のち中国へも伝わり,『知不足斎叢書』に収められ,現在では『全唐詩』とあわせて刊行されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぜんとうしいつ【全唐詩逸】

漢詩集。市河寛斎編。1804年(文化1)刊。3巻。《全唐詩》に漏れた詩を,《文鏡秘府論》《千載佳句》などの平安時代の日本人の著述や,《遊仙窟》など日本に伝わって中国では滅んだ文献から採集した書。詩人は約130人に及び,採録の詩は断片的な句が多いが,一首全体の形をとどめるものも約60首ある。刊行後まもなく中国にもたらされ,資料的価値を認められて《知不足斎叢書》に収められた。【日野 竜夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全唐詩逸
ぜんとうしいつ

江戸時代に編集された『全唐詩』の補遺。編者は富山藩儒(はんじゅ)で漢詩人でもあった市河世寧(いちかわせねい)(号は寛斎(かんさい))。日本には、日中文化交流の昔から、舶載された漢籍、および日本で翻刻した書物は数多く、なかには中国では散逸して、『全唐詩』にも未収の唐代作品が伝存している。本書はそれらを捜討して、126人と無名氏の作になる詩72首、句279を得て、上・中・下三巻に収め、1804年(文化1)に刊行された。126人中82人は『全唐詩』未収の詩人である。学術的に貴重で、中国でも1823年(道光3)に翻刻されて、『知不足斎叢書(ちふそくさいそうしょ)』に収められ、北京(ペキン)中華書局版『全唐詩』にも付載されている。[伊藤正文]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android