千載佳句(読み)せんざいかく

百科事典マイペディアの解説

千載佳句【せんざいかく】

平安中期の漢詩秀句集。大江維時撰。963年以前の成立。上下2巻。上巻を四時・時節・天象・地理・人事,下巻を宮省・居処・草木・禽獣・宴喜・遊放・別離・隠逸釈氏仙道の計15部に分かち,各部を細別して,唐人を中心に新羅人,高麗人の漢詩から七言二句の秀句を選んで挙げる。上巻には547首,下巻には536首を収載白居易元【しん】(げんしん)の作が約半数を占め,当時の嗜好をしのばせる。後続の《和漢朗詠集》《新撰朗詠集》の成立に多大の影響を与えた。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android