コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知不足斎叢書 ちふそくさいそうしょ Zhi-bu-zuzhai cong-shu

2件 の用語解説(知不足斎叢書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知不足斎叢書
ちふそくさいそうしょ
Zhi-bu-zuzhai cong-shu

中国の叢書。清の鮑廷博の編。 30集。乾隆 39 (1774) ~道光3 (1823) 年刊。「知不足斎」は鮑廷博の書斎名。鮑家は代々の富商で廷博はその財産で善本を収集,そのなかから伝来のまれな書や,従来の伝本には誤脱の多い書を選び,精密な校訂を施して出版した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ちふそくさいそうしょ【知不足斎叢書 Zhī bù zú zhāi cóng shū】

中国の叢書の名。清の乾隆年間に鮑廷博(1728‐1814)が編集し,子の鮑志祖が続修して道光年間(1821‐50)に成った。30集に分かれ,207種の書物を収める。経学,史学の考訂から,算学,金石,地理,書画,詩文集,書目等まで含むいわゆる〈雑叢〉である。なかにいくつかの日本人編録にかかるもの,たとえば《孝経鄭注》などを収めるのは,当時中国の学界にそういう風潮のきざし始めていたことを示す。いまは写真製版による洋装の本もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

知不足斎叢書の関連キーワード佚存叢書四庫全書説郛天壇二十四史雲彩満洲源流考医宗金鑑水道提綱鮑廷博

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone