コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遊仙窟 ゆうせんくつ You-xian-ku

6件 の用語解説(遊仙窟の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

遊仙窟
ゆうせんくつ
You-xian-ku

中国,初唐の文語中編小説。張さく (ちょうさく。 660頃~740頃) の著。1巻。勅命を奉じて旅に出た張生が,神仙の窟に迷い込み,崔十娘という美女と歓楽の一夜を過す物語を張生の一人称で綴ったもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ゆうせんくつ〔イウセンクツ〕【遊仙窟】

中国唐代の小説。張鷟(ちょうさく)字(あざな)は文成)著。主人公の張生が旅行中に神仙窟に迷い込み、仙女の崔十娘(さいじゅうじょう)と王五嫂(おうごそう)の歓待を受け、歓楽の一夜を過ごすという筋。四六文の美文でつづられている。中国では早く散逸したが、日本には奈良時代に伝来して、万葉集ほか江戸時代洒落本などにも影響を与えた。古写本に付された傍訓は国語資料として貴重。遊僊窟。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

遊仙窟【ゆうせんくつ】

中国,初唐の伝奇小説。張【さく】(ちょうさく)〔660?-741?〕の作。作者が神仙の窟に迷い入り,五嫂(ごそう)と十娘(じゅうじょう)という仙女に会い,宴楽歓語し詩を唱和し,ついに十娘と結婚する。
→関連項目続浦島子伝記

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゆうせんくつ【遊仙窟 Yóu xiān kū】

唐の初めに作られた短編小説。作者は張鷟(ちようさく)(660?‐741?),字は文成。一人称で語られる遊里文学であるが,筋立ては主人公が旅の途中で深山の神仙郷に迷いこみ,2人の仙女と歓楽の一夜を過ごすという話。美文調の叙述文と,3人が応酬する軽妙洒脱な詩に特色がある。中国では早く失われたが,日本には作者の生存中に伝わって《万葉集》にも投影している。20世紀になって初めて中国に里帰りした。【入矢 義高

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ゆうせんくつ【遊仙窟】

中国、唐代の伝奇小説。張鷟ちようさく著。主人公の張生が旅の途中、神仙の窟に迷いこみ仙女の崔十娘さいじゆうじようと五嫂ごそうに歓待され、歓楽の一夜を過ごす物語。中国では早く亡佚ぼういつしたが、日本には奈良時代に伝来して文学に大きな影響を与え、古訓は国語資料として重要。江戸時代に中国へ逆輸入された。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遊仙窟
ゆうせんくつ

中国、初唐の小説。一巻。作者張(ちょうさく)(生没年不詳)は7世紀末、8世紀初めの流行詩人で、字(あざな)は文成。寧州(ねいしゅう)襄楽県尉(じょうらくけんい)、鴻臚寺丞(こうろじじょう)、司門員外郎(しもんいんがいろう)などに任ぜられた人。物語は、作者が黄河上流の河源(軍)に使者となって行ったとき、神仙の岩窟(がんくつ)に迷い込み、仙女崔十娘(さいじゅうじょう)と兄嫁王五嫂(おうごそう)の二人の戦争未亡人に一夜の歓待を受け、翌朝名残(なごり)を惜しんで別れるという筋。文体は華麗な駢文(べんぶん)で、その間に84首の贈答を主とする詩を挿入し、恋の手管(てくだ)を語らせる。また会話には当時の口語が混じっている。本書は中国では早く散逸したが、日本には奈良時代に伝来し、『万葉集』に、天平(てんぴょう)年間(729~749)大伴家持(おおとものやかもち)が坂上大嬢(さかのうえのおおいらつめ)に贈った歌のなかにその影響があり、天平5年(733)の山上憶良(やまのうえのおくら)『沈痾自哀文(ちんあじあいのぶん)』などにも引用される。その他『和漢朗詠集』『新撰(しんせん)朗詠集』『唐物語』『宝物集』などに引用され、江戸時代の滑稽(こっけい)本、洒落(しゃれ)本にも影響を与えた。[内山知也]
『前野直彬他訳『幽明録・遊仙窟』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の遊仙窟の言及

【荒木田麗】より

…また漢詩,国史をも兼修するかたわら,歴史小説等の創作を手がけた。代表作に三鏡(《大鏡》《増鏡》《水鏡》)の文体になぞらえた《月のゆくへ》,《増鏡》の続編ともいうべき《池の藻屑》,《遊仙窟》の翻案小説《藤の岩屋》等がある。同趣の《野中の清水》は,本居宣長の目に触れ,添削批評を加えられたが,反駁(はんばく)して屈服しなかった。…

【好色文学】より

…さらにその源流は,山奥の仙界に迷いこんだ青年が仙女と結ばれ,やがて俗界にもどったときには時間がいちじるしく経っていたという浦島太郎型の,六朝時代の仙境譚に求められるであろう。唐代小説の《遊仙窟》は,この種の仙境譚に北里の要素を加味したものである。しかし,唐代小説の多くは,才子佳人の悲歓離合を主題としていて,人間性の底にひそむ好色性については,まだ赤裸々には取り上げていない。…

※「遊仙窟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

遊仙窟の関連キーワード志怪短編小説ロア覚弥首題掌編小説ダンセーニ中編小説燃える平原ディ・ジャーコモ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遊仙窟の関連情報