コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全庵一藺 ぜんあん いちりん

1件 の用語解説(全庵一藺の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

全庵一藺 ぜんあん-いちりん

?-1469 室町時代の僧。
曹洞(そうとう)宗。周防(すおう)(山口県)闢雲(びゃくうん)寺(現泰雲寺)の覚隠永本に師事して印可をうけ,能登(のと)(石川県)総持寺の住持となる。のち丹波永沢寺(兵庫県),闢雲寺住持をへて,晩年阿波(あわ)(徳島県)桂谷(けいこく)寺(現桂国寺)の開山(かいさん)となる。応仁(おうにん)3年2月14日死去。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

全庵一藺の関連キーワード曹洞円応性瑩魁叟永梅鑑窓永鑑奇叟異珍月田宗種直翁宗廉宗観(1)大成宗林噩叟宗俊

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone