コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

全方位外交 ぜんほういがいこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

全方位外交
ぜんほういがいこう

特定の外国との提携にかたよらず,すべての国とほぼ同程度の外交関係を結ぶと同時に,すべての国が潜在的な脅威の源となりうるとの認識のもとに進められる外交。 1967年 12月にフランスの C.アイユレ三軍参謀総長が C.ドゴール大統領の承認を得て国防評論誌に発表した全方位戦略の考え方が起源。米ソ冷戦時代のような両極体制下ではありえない外交のやり方である。国際政治の多極化時代に応じたバランスのとれた外交のあり方として,多くの国が実質的に採用している。日本も福田赴夫内閣の外交方針として掲げられて以来,全方位外交が基本路線となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぜんほうい‐がいこう〔ゼンハウヰグワイカウ〕【全方位外交】

特定の国とだけ親しい関係を持つのではなく、すべての国と平等な外交関係を保つこと。また比喩的に、外交に限らず全体と均等につきあっていくこと。「市議会与党に偏ることなく全方位外交で市政を運営する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

全方位外交の関連キーワードチンタナカーン・マイ全方位外交[中国]ケント カルダーサウジアラビアベトナム共産党ウズベキスタンアブドラ国王パナマ(国)エルドアンカタールヨルダン里見義頼韓国条項新思考

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

全方位外交の関連情報