全日本電機機器労働組合連合会(読み)ぜんにほんでんきききろうどうくみあいれんごうかい

百科事典マイペディアの解説

全日本電機機器労働組合連合会【ぜんにほんでんきききろうどうくみあいれんごうかい】

略称は電機労連。1953年結成。産別会議翼下の全日本電気工業労働組合(全電工),全日本金属労働組合(金属)が衰退したのち,分散していた電気機器関係の労働組合が連合した組織。かつては中立労連中立労働組合連絡会議)の中心であった。連合加盟。現在は,全日本電機・電子・情報関連産業労働組合連合会電機連合)と改称。組合員73万9700人(1999年)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

全日本電機機器労働組合連合会
ぜんにほんでんきききろうどうくみあいれんごうかい

略称電機労連。1992年(平成4)7月、電機産業から対象を広げ、電子産業さらに情報産業の労働組合を結集するために全日本電機・電子・情報関連産業労働組合連合会(電機連合)に移行した。[大野喜美・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の全日本電機機器労働組合連合会の言及

【電機連合】より

産別会議に加盟)が前身。産別民主化運動のなかで49年解体,その後分裂していたが,労働運動の民主化と電機労働者の統一組織をめざし,53年6月に電機労連(全日本電機機器労働組合連合会)として結成。運動の基本は信義と友愛の精神のもと,労働基本権を遵守し,労働者の経済的・社会的地位の向上を期するとともに,産業の民主化,社会化,経済の平和的発展と世界平和の実現を期する。…

※「全日本電機機器労働組合連合会」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android