産別会議(読み)さんべつかいぎ

百科事典マイペディアの解説

産別会議【さんべつかいぎ】

全日本産業別労働組合会議の略称。産別とも。1946年に21の産業別労働組合(組合員163万)を結集して組織された全国協議体組織。世界労働組合連盟の基本綱領にのっとり,共産党の影響を強く受けた。第2次大戦後の労働組合の建設期には右派の日本労働組合総同盟と対抗して活動,1946年の10月闘争や1947年の二・一ストを指導したが,1948年右派の産別民主化同盟が結成されて以来衰勢に向かい,1958年解散。
→関連項目全逓信労働組合全日本電機機器労働組合連合会全労連日本共産党日本鉄鋼産業労働組合連合会日本電気産業労働組合日本労働組合総評議会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

さんべつかいぎ【産別会議】

正称は全日本産業別労働組合会議。1946年8月,21の産業別組合を結集し,当時の組織労働者の40%以上の163万人を擁して結成された全国中央労働組織(ナショナル・センター)。総同盟が府県連合会を基礎とし日本社会党と関係が深かったのに対し,産別会議は産業別組合を基礎とし,世界労連(WFTU)の基本綱領に基づく綱領をもち,日本共産党の影響を強く受けた。結成直後の46年,10月闘争(産別十月闘争)や47年の二・一ストを指導し,敗戦直後の日本労働運動の主導権を握った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんべつかいぎ【産別会議】

「全日本産業別労働組合会議」の略称。1946年(昭和21)日本共産党の影響下、産業別組合を結集し発足した労働組合の全国組織。二・一ストを指導するなど、第二次大戦後の労働運動の中核となったが、運動方針への批判や弾圧により衰退し、58年に解散。産別。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の産別会議の言及

【経済復興会議】より

…第2次大戦後,経済復興を労使協力により達成するため,総同盟経済同友会が中心となり,産別会議,経営者団体,技術者団体,調査団体,学識経験者等の参加を得て結成された国民運動組織。1947年2月に結成され(議長は鈴木茂三郎),48年4月に事実上解散した。…

【産別十月闘争】より

産別会議(1946年8月結成)の指導によって,1946年秋に行われた,傘下12産業別組合の共同闘争のことで,第2次大戦後数年間の〈組合攻勢期〉の頂点をなす争議の一つに数えられる。敗戦後,急速な盛上がりをみせてきた労働運動は,この年の春以来,占領軍と政府による生産管理の否認,大量解雇,大衆示威行為禁止などの厳しい弾圧をうけて,戦後最初の後退を余儀なくされた。…

【全労連】より

…二・一ストが禁止された後,スト準備に結集した労働組合の団結を持続するとともに,訪日が予定されていた世界労連代表団の統一的な歓迎母体となるため,1947年3月10日結成された。産別会議総同盟のほか,当時の中立系主要労働組合のほとんどが加盟し,第2次大戦後初の労働戦線統一組織となった。しかし総同盟の加盟を考慮して,決議は満場一致制とするなど,その性格はゆるやかな連絡協議機関にとどまった。…

【労働運動】より

…このような形で労働組合の組織化が進んだのは,日本ではもともと職業をきずなとして企業を越えて連帯するという伝統が弱かったうえに,戦争と敗戦にともなう生活の悪化が職員・工員の別なく進展したばかりでなく,〈民主化〉ムードのなかで職員も工員も同じ従業員という意識が浸透していったから,同じ企業・事業所でいっしょに働いている者どうしで連帯するというのが最も近道だったからである。これらの企業別組合は,産業別に連合を組むとともに,46年8月には産別会議(共産党系),総同盟(社会党系)という二つのナショナル・センターにそれぞれ結集していったが,産別会議がこの時期の運動のヘゲモニーを握った。 敗戦直後の運動は,戦争と敗戦による生産の荒廃と悪性インフレの進展のもとで,企業に生産再開を促しつつ,大幅な賃金引上げを図っていくことに重点が置かれていた。…

※「産別会議」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android