コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八田三郎(読み)はった さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八田三郎 はった-さぶろう

1865-1935 明治-昭和時代前期の動物学者。
慶応元年9月27日生まれ。学習院教官をへて明治41年東北帝大農科大学教授となり,のちその後身の北海道帝大教授。ヤツメウナギの発生を研究。動物分布のうえで宗谷海峡を重視した八田線を提唱した。昭和10年11月27日死去。71歳。肥後(熊本県)出身。帝国大学卒。旧姓は中村。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例