コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八田三郎 はった さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八田三郎 はった-さぶろう

1865-1935 明治-昭和時代前期の動物学者。
慶応元年9月27日生まれ。学習院教官をへて明治41年東北帝大農科大学教授となり,のちその後身の北海道帝大教授。ヤツメウナギの発生を研究。動物分布のうえで宗谷海峡を重視した八田線を提唱した。昭和10年11月27日死去。71歳。肥後(熊本県)出身。帝国大学卒。旧姓は中村。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

八田三郎の関連キーワード山中貞雄斎藤寅次郎成瀬巳喜男日本浪曼派五所平之助島津保次郎清水宏稲垣浩キューカー治安維持法

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android