八田三郎(読み)はった さぶろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

八田三郎 はった-さぶろう

1865-1935 明治-昭和時代前期の動物学者。
慶応元年9月27日生まれ。学習院教官をへて明治41年東北帝大農科大学教授となり,のちその後身の北海道帝大教授。ヤツメウナギの発生を研究。動物分布のうえで宗谷海峡を重視した八田線を提唱した。昭和10年11月27日死去。71歳。肥後(熊本県)出身。帝国大学卒。旧姓は中村。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android