コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗谷海峡 そうやかいきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗谷海峡
そうやかいきょう

別称ラペルーズ (フランス人探検家の名に由来) 海峡北海道最北端の宗谷岬樺太 (サハリン) 島南端のクリルヨン (西能登呂) 岬との間の海峡。幅約 45km。最深部 67m。オホーツク海日本海を結ぶ海峡で,夏季には海霧 (ガス) が発生する。日本海を北上する対馬海流が海峡を東へ向って流れる。そのため冬の流氷はあまりみられず,稚内港は不凍港である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そうや‐かいきょう〔‐カイケフ〕【宗谷海峡】

北海道と樺太(からふと)(サハリン)との間の海峡。夏は北上した対馬暖流が低温のオホーツク海と接し、濃霧が発生しやすい。ラペルーズ海峡。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

宗谷海峡【そうやかいきょう】

北海道最北端の宗谷岬サハリン(樺太(からふと))南端のクリリオン岬(西能登呂(にしのとろ)岬)の間,約42kmの海峡。ラ・ペルーズ海峡ともいう。対馬海流の支流と東樺太寒流が接触,最深部70m。
→関連項目八田線

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

そうやかいきょう【宗谷海峡】

北海道最北端の宗谷岬とサハリン(樺太)のクリリオン岬(西能登呂(にしのとろ)岬)の間の海峡。フランスの探検家ラ・ペルーズの名にちなみ,ラ・ペルーズ海峡ともよばれる。両岬間の距離は約42kmで,水深は中央部で30~70mである。潮流は急で,日本海から北上した対馬海流の一部がこの海峡を横切ってオホーツク海の寒流と接触し,夏には濃霧が発生する。冬季は流氷が入りこむこともある。日本海とオホーツク海の船の通路にあたり,ウラジオストク方面から太平洋に出る迂回路でもある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうやかいきょう【宗谷海峡】

北海道とサハリンとの間の海峡。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

宗谷海峡

北海道の最北端に位置する宗谷岬と、ロシアの占領・実効支配下にある樺太(サハリン)の西能登呂岬(クリリオン岬)の間の海峡。1787年に宗谷海峡を通過したフランスの探検家の名にちなみ、国際的にはラ・ペルーズ海峡と呼ばれる。西が日本海、東がオホーツク海であり、同海峡は両者を結ぶものとなっている。岬間の距離は約43キロメートルで、海峡内の水深は30~70メートルと浅い。対馬海流の一部は宗谷海峡を通り宗谷暖流となって太平洋へ流れ、日本海から高温・高塩分の水をオホーツク海へ供給している。船舶は日本・ロシア共に自国から3海里の領海内を自由に航行でき、2008年頃から同海峡を通るロシアのLNGタンカーが飛躍的に増加、事故の危険性も指摘されている。また、核搭載艦を含め軍艦が多数往来する、軍事上の要衝でもある。

(2014-8-25)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕宗谷海峡(そうやかいきょう)


北海道とサハリン(樺太(からふと))とを隔てる海峡。国際名称はラ-ペルーズ海峡。最狭部はサハリン南端のクリリオン岬(西能登呂(にしのとろ)岬)と北海道最北端の宗谷岬の間で約43km。水深は約30~70m。北寄りに二丈(にじょう)岩の岩礁がある。冬季、しばしば吹雪となり、オホーツク海の海氷に閉ざされることも多い。夏季は対馬(つしま)海流(暖流)の分流と寒流が衝突し、濃霧が発生しがち。動物分布上の区分線、八田(はった)線が通る。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗谷海峡
そうやかいきょう

北海道と樺太(からふと)(サハリン)とを分離し、日本海とオホーツク海とを結ぶ海峡。北海道北端の宗谷岬と野寒布(のしゃっぷ)岬に抱かれた宗谷湾と樺太の西能登呂(にしのとろ)岬(クリリオン岬)との間の海域で、両岬間は約40キロメートル。中央部の水深は30~70メートル。国際的にはフランスの探検家ラ・ペルーズの名にちなみラ・ペルーズ海峡とよばれる。宗谷岬から約30キロメートルの位置に二丈岩があるが、これを除けば航海に危険を伴う岩礁・暗礁はない。夏季は日本海から対馬(つしま)暖流が入り、オホーツク海の低温な海水と接して濃霧が発生しやすく、冬季は暖流が微弱となって流氷がみられる。なお、樺太が日本領土であった第二次世界大戦までは、小樽(おたる)港と大泊(おおどまり)港(コルサコフ)間、稚内(わっかない)港と大泊港間には定期航路があった。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の宗谷海峡の言及

【ラ・ペルーズ】より

…南アメリカ大陸を周航し,ハワイからアラスカまで北上後,北米沿岸をカリフォルニアまで南下し,ついで太平洋を横断して87年マカオに入った。再び北上して対馬海峡,日本海,間宮海峡まで行ったのち,ラ・ペルーズ海峡(宗谷海峡)を通過してカムチャツカに達した。それより南下してサモアを経て,88年オーストラリアのシドニーに入り,同年3月にシドニーを出港してのち消息を絶った。…

※「宗谷海峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

宗谷海峡の関連キーワード領海及び接続水域に関する法律樺太=千島交換条約おやしお型潜水艦ブレーキストン線ブラキストン線ラ・ペルーズラ=ペルーズ国際重要海峡宗谷[支庁]サハリン島八田 三郎稚内[市]上杉香緒里天北原野岡本次郎八田三郎国際海峡野寒布岬杉藻屑海氷

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗谷海峡の関連情報