六器(読み)ロッキ

世界大百科事典 第2版の解説

ろっき【六器】

仏事の法具名。大壇(だいだん),あるいはその省略形の修法壇護摩壇等に備える金属製の小型椀で,同じ形の6個を一組とし,密教立(みつきようだて)の法要で導師が修法に用いる。六器は,火舎(金属製の香炉)を中心に左右に3個ずつ並べ,内側から閼伽器(あかき),塗香器(ずこうき),花鬘器(けまんき)と呼ぶ。これらには浄水をたたえ,樒(しきみ)の葉を置くが,葉の数は宗派等によって異なる。六器はいずれも法要に迎えた主尊の供養に用いるが,右側は修法の中心部に入る前の前供養に,左側はあとの後供養に用いる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ろっき【六器】

〘仏〙 密教法具の一。水・香・華鬘けまんを盛る金銅製の器。火舎の左右に三個ずつ置く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六器の関連情報