六国(読み)リクコク

大辞林 第三版の解説

りくこく【六国】

りっこく【六国】

中国、戦国時代の六つの諸侯の国。秦に対抗する韓・魏・趙・斉・楚・燕えんの総称。りくこく。
香道で使用する香木を六種に分けたもの。伽羅きやら・羅国・真南蛮まなばん・真那伽まなか・佐曽羅さそら・寸門多羅すもたら。室町から江戸時代にかけて、産出国を推定して命名した。現在は香りの特徴により分類する。 → 木所きどころ

ろっこく【六国】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

りく‐こく【六国】

りっ‐こく リク‥【六国】

〘名〙 六つの国。特に、中国戦国時・韓・・燕の六か国。
※扶桑集(995‐999頃)七・又〈橘在列〉「三秦敗将帰関月、六国縦軍結陣雲」 〔戦国策‐趙策・粛侯〕

ろっ‐こく ロク‥【六国】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

六国の関連情報