コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

7件 の用語解説(未の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

び【未】[漢字項目]

ひつじ【未】

十二支の8番目。
方角の名。南から西へ30度の方角。南南西。
時刻の名。今の午後2時ごろ、およびその後の2時間。または午後2時前後の2時間。
1にあたる年や日。
陰暦6月の異称。

み【未】[漢字項目]

[音](呉) ビ(漢) [訓]いまだ いまだし まだ ひつじ
学習漢字]4年
〈ミ〉まだ…しない。「未婚未遂未然未定未満未明未来未曽有(みぞう)未亡人前代未聞
〈ビ〉十二支の8番目。ひつじ。「丁未(ていび)」

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひつじ【未】

十二支の第八番目。年・月・時刻・方位などにあてる。
時刻の名。今の午後2時頃。また、午後1時から3時の間。一説に午後2時から4時の間。
方角の名。南から西へ30度の方角。

み【未】

接頭語的に用いて、まだ…していない、まだ…でない意を添える。 「 -成年」 「 -開発」 「 -完成」 「 -処理」 「 -解決」 「 -確認」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ひつじ

十二支の第8番目。「み」ともいい、十二支獣としてヒツジがあてられる。陰暦6月の異称として用いられるほか、時刻として、今日の午後2時を中心とした前後2時間を「未の刻」「羊の時」という。方角としては南から西へ30度寄った方向で、南南西にあたる。古本屋仲間などで八の数の符丁として用いられたり、「未の食い破り」といい、羊の日には相場に大きな変動があるとされる。また「未申(ひつじさる)(西南)へ曲がる」といい、斜めに曲がることをいう特殊な用例もみられる。[宇田敏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

未の関連情報