六条斎院宣旨(読み)ろくじょうさいいんの せんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

六条斎院宣旨 ろくじょうさいいんの-せんじ

?-1092 平安時代後期の歌人。
源頼国の娘で,源隆国の妻。六条斎院禖子(ばいし)内親王女房となり,主家の歌合わせに出場して34首の和歌をのこす。「後拾遺和歌集」など勅撰集にもとられている。「狭衣(さごろも)物語」の作者とされ,最近の研究でほぼ定説となっている。寛治(かんじ)6年2月23日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android