コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

兵革 ヘイカク

デジタル大辞泉の解説

へい‐かく【兵革】

《「兵」は刀・槍などの武器、「」は鎧(よろい)・兜(かぶと)の意。古くは「へいがく」とも》
戦争のための武器・甲冑(かっちゅう)。兵甲。
戦争。たたかい。
「―しづまらば」〈平家・七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

へいかく【兵革】

〔古くは「へいがく」とも〕
いくさの道具。武器。兵甲。
戦争。戦乱。 「内裏には東国の-、南都の火災によて、朝拝とどめられ/平家 6

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

兵革の関連キーワード劃・各・喀・嚇・客・廓・拡・擴・攪・攫・核・格・殻・殼・獲・画・確・穫・覚・覺・角・赫・較・郭・閣・隔・革・鶴日本年号一覧延元寿永天文天正元亀弘治大永慶応康正功課晏駕朝拝延文応仁文明

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android