其文字(読み)そもじ

精選版 日本国語大辞典「其文字」の解説

そ‐もじ【其文字】

名〙 (「そなた」の後半を略して「もじ」を添えた語) 対称。主として女性が、対等または目下に対して用いた。そもんじ。
御伽草子・清水冠者物語(室町時代物語大成所収)(室町末)「そもしにきかせまいらせて、ひとまづおとし申さんとおもひかねつつまいりたり」
[語誌](1)室町時代、尼門跡宮中で使用された女房詞で、目上に対して用いる敬意の高い対称代名詞であったが、江戸時代に入って敬意が薄れ、対等・目下に対しても用いるようになった。その際、尊敬表現にしたい場合には「さま」「どの」を付けた。
(2)もともとは女性専用語(男性が用いる場合は相手が幼児に限られる)であったが、遊里で対称代名詞として広く使われたことも影響したためか、男性が女性に対しても使用するようになった。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「其文字」の解説

そ‐もじ【×其文字】

[代]《「そなた」の「そ」に「もじ(文字)」を添えた語》二人称の人代名詞。そなた。あなた。
「—のひで見せられへ」〈きのふはけふ・上〉
[補説]中世には女性が目上の男性に対して用いる語であったが、近世以降、対等または目下の男性に、または男性から女性に用いるようになり、目上の場合には「そもじ様」を用いるようになった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android