コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内務班 ないむはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

内務班
ないむはん

旧日本陸軍の兵営で,平時,兵が起居した組織単位。中隊数個の班に分け,班長伍長がなり,軍人精神をきびしくうえつけた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ないむ‐はん【内務班】

旧日本陸軍で、平時における隊内起居生活の最小単位。30~40名からなり、班長は軍曹または伍長。中隊長の直接指揮下に置かれた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

内務班【ないむはん】

旧日本陸軍の兵営生活の基礎単位。平時は中隊を数個の内務班に分け,営内居住の下士官を班長とする,20〜30人で編制し,日常の起居生活をきびしく規制した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ないむはん【内務班】

旧陸軍で、兵営内で起居する際の最小単位。二〇~四〇人の兵を内務班長たる下士官が統率した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

内務班
ないむはん

旧日本陸軍における兵営内の起居の単位。中隊ごとに下士官を班長として編制され、戦時編制の下では小隊となる。普通、20~30人の兵士が集団生活を行った。たてまえのうえでは、「死生苦楽ヲ共ニスル軍人ノ家庭」などとされていたが、実際には、「私的制裁」という名の、下士官や古参兵による無法な暴力が横行し、暴力と厳格な規律とを通じて兵士を軍隊内秩序に強制的に同化させる場となっていた。[吉田 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

内務班の関連キーワード真空地帯

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android