内君(読み)ないくん

精選版 日本国語大辞典「内君」の解説

ない‐くん【内君】

〘名〙 他人の妻を敬っていう語。室。おくがた。うちぎみ。
※二人女房(1891‐92)〈尾崎紅葉〉中「扨嫁といふものは、〈略〉家内の女王であるから内君(ナイクン)といひ」

うち‐ぎみ【内君】

〘名〙 他人の妻を敬っていう語。奥方。奥様。内方(うちかた)
※為頼集(10C後か)「扇に舟のかた書きたるを、これはうちぎみにとて、とぶらふ人のありしかば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

常任理事国

国連安全保障理事会の構成国(15か国)のうち、中国(1971年中華人民共和国が中華民国にかわり代表権を獲得)、フランス、ロシア(1991年ロシア連邦がソビエト社会主義共和国連邦の地位を継承)、イギリス...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android