コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内国通運会社(読み)ないこくつううんかいしゃ

世界大百科事典 第2版の解説

ないこくつううんかいしゃ【内国通運会社】

旧定飛脚仲間によって設立された陸運元会社を前身とし,明治前期を通じて政府の手厚い保護を受けた水陸運輸会社。1872年(明治5)東京に設立された陸運元会社は,ほぼ同じころ沿道各駅に設立された陸運会社の人馬を利用して,官営郵便物や一般貨物を輸送する運送請負業者であった。しかし,宿駅制度の廃止に際して政府が旧宿役人に半強制的に設立させた各駅の陸運会社は,通行の自由に逆行する場合が多く,私企業としての発展も期待できなかった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android