コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

産業合理化 サンギョウゴウリカ

2件 の用語解説(産業合理化の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さんぎょう‐ごうりか〔サンゲフガフリクワ〕【産業合理化】

新しい機械設備や新技術の導入、労働能率の改善などによって生産性を向上させ、利益の増大を図ること。第一次大戦後、ドイツ経済再建に当たって唱えられたのに始まる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

産業合理化【さんぎょうごうりか】

第1次大戦以後,利潤確保のため生産・流通分野にわたり日本の独占資本がとり始めた企業と労働力の効率化を図る措置。1920年代欧米で唱えられ,本来は科学的管理法が軸であったが,日本では設備の機械化と自動化,新作業方式(流れ作業等)の採用や製品規格化,人間関係管理や報償制等,また広範なカルテル形成,さらに非能率工場や下請企業の整理等多面にわたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

産業合理化の関連キーワードアグリビジネス家族手当減債基金生産費説炸薬独占価格現代詩BIS(Bank for International Settlements)第2次大戦中小企業の事業活動の機会の確保のための大企業者の事業活動の調整に関する法律

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

産業合理化の関連情報