内染司(読み)ウチノソメモノノツカサ

大辞林 第三版の解説

ないせんし【内染司】

律令制で、宮内省に属し、天皇・皇后の用に供する染色のことをつかさどった官司。のちに中務省縫殿寮ぬいどののつかさに併合。うちのそめもののつかさ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

うちのそめもの‐の‐つかさ【内染司】

〘名〙 令制における官司の一つ。初め宮内省に属したが、大同三年(八〇八)、中務(なかつかさ)省縫殿寮(ぬいどののつかさ)に併合された。供御の染物の事をつかさどった。職員に正(かみ)、佑(じょう)、令史(さかん)各一人、染師二人、その他がある。
※令義解(718)職員「内染司 正一人」

ないせん‐し【内染司】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の内染司の言及

【染色】より

…しかしいずれにしても,染加工の方法として摺りがあったことは認められよう。 律令制下の染色は大蔵省の下にある織部司(おりべのつかさ)や宮内省に直属する内染司(うちのそめもののつかさ)の指揮,統制のもとに行われてきた。当時織部司の管轄にあった染色工人は緋染70戸,藍染33戸その内訳は大和国に29戸,近江国に4戸であった。…

※「内染司」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android