コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤政森 ないとう まさもり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤政森 ないとう-まさもり

1683-1738 江戸時代前期-中期の大名。
天和(てんな)3年生まれ。内藤政親(まさちか)の子。元禄(げんろく)9年14歳で陸奥(むつ)泉藩(福島県)藩主内藤家3代となる。5代将軍徳川綱吉(つなよし)の小姓をつとめる。15年上野(こうずけ)(群馬県)安中藩主内藤家初代。2万石。奏者番をつとめた。元文3年5月12日死去。56歳。通称は金一郎。著作に「臣軌」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内藤政森の関連キーワード算額安積澹泊近松門左衛門松前広長伊藤梅宇ウォルトンフェリペ虚栗八百屋お七世継曽我