秋元喬房(読み)あきもと たかふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋元喬房 あきもと-たかふさ

1683-1738 江戸時代中期の大名。
天和(てんな)3年生まれ。秋元喬知(たかとも)の次男。正徳(しょうとく)4年父の跡をつぎ,武蔵(むさし)川越藩(埼玉県)藩主秋元家2代となる。奏者番をつとめ,享保(きょうほう)13年将軍徳川吉宗の日光社参にしたがった。元文3年9月5日死去。56歳。初名は尚朝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

上意下達

上位の者や上層部の命令・意向を、下に伝えること。⇔下意上達。[補説]この語の場合、「下」を「げ」とは読まない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android