コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

秋元喬房 あきもと たかふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

秋元喬房 あきもと-たかふさ

1683-1738 江戸時代中期の大名。
天和(てんな)3年生まれ。秋元喬知(たかとも)の次男。正徳(しょうとく)4年父の跡をつぎ,武蔵(むさし)川越藩(埼玉県)藩主秋元家2代となる。奏者番をつとめ,享保(きょうほう)13年将軍徳川吉宗の日光社参にしたがった。元文3年9月5日死去。56歳。初名は尚朝。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

秋元喬房の関連キーワード水野忠恒秋元喬求天和

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android