コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

内藤正俊 ないとう まさとし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

内藤正俊 ないとう-まさとし

1614-1687 江戸時代前期の武士。
慶長19年生まれ。幕府の大目付。加賀金沢,備後(びんご)(広島県)福山,肥前島原(長崎県),陸奥(むつ)仙台などの藩政を監察した。持弓頭をへて,天和(てんな)元年大目付となった。貞享(じょうきょう)4年8月4日死去。74歳。本姓織部。名は正方とも。通称は新五郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

内藤正俊の関連キーワード武士

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android